面接を受けるその前に|風俗業界に飛び込むことで、ありえないほど稼げるようになります

面接を受けるその前に

PCを見ている女性

当たり前のことですが、風俗で働く際には当然「面接」を受けることになります。
この面接を乗り越えなければ入店することができませんので、しっかり面接をクリアできるようになっておきましょう。

では実際に面接をする際に、何を気をつけなければいけないのか?
風俗という時点でおそらく適当に済ませられると思い込んでいる人もいるかもしれませんが、適当すぎると間違いなく落とされてしまうでしょう。
まずは「身だしなみ」に注意しておいてください。
よく寝起きの格好で来るような愚か者がいたりしますが、そんな姿で面接を受けに来る人は大抵どんな風俗であっても落とされています。
これから風俗店でしっかり接客業をするわけですから、そんな格好ではもちろんダメなことくらいわかりますよね。
また面接官もちゃんとした服装であなたと喋るわけですから、あなただけがジャージ姿などだらしない格好をしていてはおかしいわけです。
そして当然のことですが髪型もちゃんと整えてから行くこと。
メイクについては基本的にナチュラルメイクがベストだといえるでしょう。
間違ってもすっぴんで行くようなことはないようにしてください。
すっぴん状態こそやる気のなさを相手に伝えることになってしまいます。

そして「喋り方」にも十分注意するようにしてください。
喋り方といっても普通に敬語が使えれば特に問題ありません。
しかし、たまに女の子のなかでもまともな敬語が使えないような人がいます。
風俗は接客業ですから、日本語を正しく使えないような人はどこもお断りしています。
敬語に自信ないなら、今のうちからでも勉強しておきましょう。